看護職の皆様へ

常任委員会

在宅ケア推進委員会(6名)

委員長:大竹 まり子、副委員長:日下 雅美、委員:村山 由紀子、須藤 京子、鈴木 みどり、佐藤 喜美代 

■活動内容

【目的】
 社会の在宅ケアへの期待が高まる中、看護職能団体として地域包括ケアシステム構築や長期的な療養生活を支えるため在宅ケアを推進する検討を行う。
(新定款第38条により設置 委員会活動については定款細則第10章:第30条~33条を参照)

【諮問・審議事項】
 1)看護職の地域包括ケアシステムの推進

 2)地域包括ケアシステムにおける看護職の役割強化

 3)在宅ケア推進にむけた看護職間の連携推進

【活動内容】
 1.地域包括ケアシステム構築に向けて在宅推進委員会として役割や活動
   を検討する

 2.在宅ケア推進に向けた看護師の理解を深め、協働できるような研修会の
   企画を行う

 3.病院と地域を結ぶ情報誌の更新

 4.情報誌の活用推進

■活動状況

計画通り実施中

常任委員会一覧へ戻る