看護職の皆様へ

常任委員会

災害看護対策委員会(6名)

委員長:長南 美幸、副委員長:菊池 一成、委員:佐藤 典子、田邊 友美、菊地 瞳、豊田 康子

■活動内容

【目的】
 看護職が災害支援活動に参画できるよう災害看護の教育と啓発を図るとともに、県内外で発生した災害時に山形県看護協会として円滑且つ適切な支援活動を行う為の体制整備を図る。
(新定款第38条により設置 委員会活動については定款細則第10章:第30条~33条を参照)

【諮問・審議事項】
 1)災害支援体制の整備

 2)災害看護の教育・啓発と災害支援ナースの育成と増員

 3)災害看護指導者の活用と育成を踏まえた災害看護研修の企画・運営・評価

 4)委員の災害に関する新知識の獲得

 5)関係諸団体との連携

【活動内容】
 1.早期に支援体制の公表を行う(HP、支援ナース登録者への冊子配布、
   主な医療機関へ郵送)
 2.・災害看護ー実務編ーの企画運営:2日間、本協会改定シラバス内容
    に準ずる内容
   ・災害支援ナースフォローアップ研修の企画・運営
   ・災害支援ナースの登録推進の文書の送付
   ・取り組み課題に関しては、学会等を活用して公表する
   ・災害支援ナース指導者養成研修参加
 3.平成30年度研修は、指導者養成研修既習者8名で実施する
 4.災害関連学会へ参加し新知見を得る
 5.・看護協会都道府県災害看護担当者会議出席
   ・日看協との災害支援ナース派遣訓練参加
   ・山形県総合合同防災訓練参加・協力(新庄市で開催)
   ・保健師に対する災害支援ナースの意識調査結果を基に、災害時に
    おける保健師と災害支援ナースとの協働の在り方を引き続き検討
    する。結果を今後も学会等で公表する
   ・県内外の災害関係団体・組織、市町村からのご案内(研修、講演
    会、懇談会、等)には可能な限り参加する

■活動状況

計画通り活動中

常任委員会一覧へ戻る