看護職の皆様へ

新着情報

日本看護協会より、「平成30年7月豪雨」に関する情報 3報

2018年07月27日

九州、四国、中国、近畿を中心に豪雨被害が発生しました。
被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

<日本看護協会からの情報>
 
7月12日、日本看護協会内に危機管理対策本部が設置され、災害レベル2が
決定されました。
広島県看護協会では、8月上旬まで1か所に2名ずつ、3泊4日で災害支援ナース
を派遣予定。
愛媛県看護協会では、救護班としての派遣は終了しました。新たに県の要請
にて災害支援ナースを7月14日~16日に1か所の避難所に2名派遣予定です。
岡山県看護協会では、7月11日から3週間程度4か所の避難所に派遣要請が
あり、2名ずつ3泊4日で派遣を予定しています。
岡山県内の避難所3か所に、7月15日から香川県看護協会(1班2名)、
大阪府看護協会(2班4名)の災害支援ナースを派遣します。
岡山県と広島県に県外の保健師が派遣されています。
 
日本看護協会では、引き続き都道府県看護協会と連携し、情報収集を行います。

<山形県看護協会の対応>

山形県看護協会では、日本看護協会から連絡を受け、県内の災害支援ナース
及び災害看護対策委員に情報を発信しました。また、地域医療対策課に
情報提供を行いました。引き続き情報収集に努めます。

新着情報一覧へ戻る