看護職の皆様へ

山形県受託研修

山形県看護協会 > 継続教育 - 山形県受託研修 -
山形県保健師助産師看護師実習指導者講習会(特定分野)

山形県保健師助産師看護師実習指導者講習会(特定分野)

平成30年度第4回山形県保健師助産師看護師実習指導者講習会((特定分野)
実施要領
1.目的

 病院以外の実習施設で次に掲げる分野(以下、「特定分野」という)について実習指導の任にある者(以下、「実習指導者」という)又は将来これらの施設で実習指導者となる予定の者が、実習の意義及び実習指導者としての役割を理解するとともに、特定分野の実習における効果的な指導のために必要な知識・技術を修得することを目的とする。
《特定分野》

  • 保健師養成所における公衆衛生看護学
  • 助産師養成所における助産学
  • 看護師養成所における老年看護学、小児看護学、母性看護学及び在宅看護論
  • 准看護師養成所における老年看護及び母子看護

なお、本講習会の修了者は、特定分野のいずれにおいても実習指導者となることができる。

2.主催

山形県

3.事業実施

公益社団法人山形県看護協会

4.期間

平成30年7月31日(火)~ 9月5日(水) 【8日間】

5.場所

公益社団法人山形県看護協会会館・看護研修センター 2階第2研修室・第3研修室
〒990-2473 山形市松栄1-5-45
TEL:023-685-8033 FAX:023-646-8868

6.受講人員

募集人員20名

7.応募期間

平成30年5月1日(火)~ 14日(月)

8.受講資格

 原則として看護業務経験5年以上を有し、実習指導者又は将来実習指導者となる予定にある者であって、次の各号のいずれかに該当する者
 ただし、2)については、緊急助産師確保対策の一環として、当面の間、以下に掲げる実習施設に加え、助産師養成所の実習施設である小規模な病院の助産師についても当該講習会の受講を認めることとする。

  • 1)保健師養成所における公衆衛生看護学実習を行う以下に掲げる実習施設の保健師
  • 2)助産師養成所における助産学実習を行う 以下に掲げる実習施設の助産師
  • 3)看護師養成所における老年看護学実習、小児看護学実習、母性看護学実習又は在宅看護論実習を行う以下に掲げる実習施設の保健師、助産師又は看護師
  • 4)准看護師養成所における老年看護又は母子看護実習を行う以下に掲げる実習施設の保健師、助産師又は看護師

※保健師養成所の実習施設
  ①市町村 ②保健所 ③地域包括支援センター ④精神保健福祉センター
  ⑤事業所 ⑥学校 ⑦社会福祉施設 ⑧上記①~⑦に類する施設
※助産師養成所の実習施設
  ①診療所 ②助産所 ③保健所 ④市町村保健センター ⑤母子保健センター
  ⑥上記①~⑤に類する施設
※看護師養成所の実習施設
  ①診療所 ②訪問看護ステーション ③介護老人保健施設 ④介護老人福祉施設
  ⑤保健所 ⑥地域包括支援センター ⑦在宅介護支援センター ⑧社会福祉施設
  ⑨療養通所介護事業所 ⑩上記①~⑨に類する施設
※准看護師養成所の実習施設
  ①診療所 ②介護老人保健施設 ③介護老人福祉施設 ④社会福祉施設
  ⑤上記①~④に類する施設

9.内容

講習科目及び時間数 下記表のとおり

10.修了証書

講習会修了者に対し修了証書を交付する(規定の科目・時間を受講した者)

11.受講者の提出書類
12.受講者の決定

選考の上、所属長あてに通知する。
選考は県内者を優先することとする。

13.経費
  • (1)講習会開催に要する経費は、県の負担とする。
  • (2)講習会における資料代等は、5,000円とする。
  • (3)研修の参加に要する経費(旅費、宿泊費、資料代等)は受講者の負担とする。
14.連絡先

公益社団法人山形県看護協会 教育研修課
〒990-2473 山形市松栄1-5-45
TEL:023-685-8033 FAX:023-646-8868

講習科目と時間数及び目標・内容
区分 科目 目標及び内容 時間数 講師名 役職名 所属施設











教育原理 教育の意義や基礎的な概念について学ぶ。 3 真木 吉雄 教授 前山形大学大学院
教育実践研究科
教育心理 人間の発達と学習過程における青年期の心理的な特徴について人間の成長・発達段階に合わせて理解する
  • 1)青年心理:現代の青年の特徴
  • 2)学習過程における心理:現代青年の学習過程における心理、諸問題
教育方法・
評価方法
教育の基本的な方法や技術、評価方法について理解する
  • 1)教育方法、評価の目的、評価方法等
3 真木 吉雄 教授 前山形大学大学院
教育実践研究科
看護教育
課程
看護基礎教育の課程とその概要について理解する
  • 1)看護教育課程、教育計画、実習指導計画
3 沼澤 さとみ 教授 山形県立保健医療大学
保健医療学部看護学科









実習指導の
原理
実習指導の基本と実習指導者のあり方等について理解する
  • 1)実習の意義、目的
  • 2)実習指導者の役割
3 布施 淳子 教授 山形大学医学部看護学科
実習指導の
実際Ⅰ
(講義)
実習指導法を理解する
  • 1)実習指導計画の立案と指導方法
  • 2)在宅看護論の実習指導方法
  • 3)老年看護学の実習指導方法
  • 4)母性看護学の実習指導方法
  • 5)小児看護学の実習指導方法
9 3 東海林 美幸 教授 山形大学医学部看護学科


1.5
進藤 真由美 助教 山形大学医学部看護学科


1.5
橋本 美香 教授 東北文教大学短期大学部
人間福祉学科


1.5
遠藤 恵子 学科長
教授
山形県立保健医療大学
保健医療学部看護学科


1.5
井上 京子 准教授 山形県立保健医療大学
保健医療学部看護学科
実習指導の
実際Ⅱ
(演習)
実習指導の展開について理解を深め、演習等を通してその実際を学ぶ
  • 1)実習指導案の作成
  • 2)実習指導計画の展開と評価
  • 3)グループ発表
24 石澤 さゆり 教務副主任 山形厚生看護学校
今野 浩之 助教 山形県立保健医療大学
保健医療学部看護学科
荒井 眞知子 出張専門
開業助産師
マミーズ ルーム
  その他 ガイダンス 3 開講式・閉講式・ガイダンス
  合計   48  

平成30年度第4回山形県保健師助産師看護師実習指導者講習会(特定分野)日程

▲このページのTOPへ