看護職の皆様へ

研修内容一覧

山形県看護協会 > 継続教育 - 研修内容一覧 > 1.「生活」と保健・医療・福祉をつなぐ質の高い看護の普及に向けた継続教育

1.「生活」と保健・医療・福祉をつなぐ質の高い看護の普及に向けた継続教育

(1)新たな社会ニーズに対応する能力支援のための研修
   看護実践能力
17 「看護」が支える薬の効果
―与薬前後の観察・アセスメントのポイント― ※小規模施設で働く看護職のための研修  <山形県の委託事業>
開催日時・日数 8/28(金) 13:30~16:30  0.5日
応募期間 受付終了  6月15日 ~ 6月30日
対象・定員 保健師・助産師・看護師・准看護師の会員・非会員 100名
ラダーレベル・
実践能力
I~V
ニーズ ケア 協働 意思
決定
ねらい ・薬剤についての知識を深め実践に活かすことができる
・薬剤の作用・副作用、身体所見を併せて観察することができる
・起こりうるリスクが考察でき、安全な与薬が実践できる
主な内容 ・薬剤の基礎知識(体内動態・形状・使用法)
 抗生剤・下剤・眠剤・麻薬を処方される方への看護
 (作用・副作用・観察ポイント)
 高齢者・小児に特有な処方と注意事項

【講師】
若松健也
山形県立こころの医療センター
精神科認定看護師
受講料 資料代 1,000円

前のページに戻る