各委員会

山形県看護協会  >  各委員会  >  常任委員会  >  「まちの保健室」推進委員会

常任委員会

「まちの保健室」推進委員会(8人)

委員長:橋本 恵美、副委員長:村井 佐保子、委員:加藤 徳子、布施 智子、多勢 澄子、遠藤 和恵、須藤 千晴、大山 則子

活動内容

【目的】
 地域住民の健康づくりへの支援活動である「まちの保健室」事業の推進と実施のための基盤づくりを行う。
(新定款第38条により設置 委員会活動については定款細則第10章:第30条~33条を参照)

【諮問・審議事項】
 1)協会事業としての「まちの保健室」企画・運営・評価

 2)支部の「まちの保健室」運営委員会との連携の推進

 3)「まちの保健室」ボランティア登録者の活用方法の検討と増員・育成

 4)「まちの保健室」事業の広報活動

5)新型コロナウイルス感染症の対応に関する情報交換

【活動内容】
 1.運営マニュアルに沿っての「まちの保健室」の企画・運営・実施
 2.ボランティア登録者のスキルアップと新規登録者の増員を図ることを目的とし、ボランティア育成研修の企画・周知・運営・実施。
   山形地区で開催を企画する
 3.ボランティア新規登録者の増員・活用を図る方法の検討と実施
 4.支部との合同委員会を開催するとともに、「まちの保健室」委員が積極的に支部との連携を図り、実施状況把握や課題などの情報共有を行い、
   課題解決に向け検討する
   各支部との合同委員会 11月12日(金)

活動状況

 2 ボランティア研修会企画は今年度中止

 その他は計画通り実施中

PAGE TOP