看護職の皆様へ

会長挨拶

山形県看護協会 > 協会概要 - 会長挨拶

平成30年度 通常総会を終えて

~地域包括ケアシステムの推進・深化に向けて地域の看護力を強化しよう~

公益社団法人山形県看護協会
会長 井上栄子

 平成30年度の山形県看護協会通常総会を終えて、一言ご挨拶申し上げます。
 日頃から山形県看護協会の運営に対してご理解とご協力いただき、こころから感謝申し上げます。
 また通常総会が無事終了できたことを重ねて感謝申し上げます。
 そして、日本看護協会の通常総会にて、本会推薦の荒井幸子氏が名誉会員になられたことをご報告申し上げます。誠におめでとうございます。荒井氏の今までの活動が認められたこと本当にうれしく思います。
 さて、人生100年時代を見据えた社会の実現に向けて、どこに住んでも適切な医療・介護を安心して受けられるために、第7次保健医療計画、第7期介護保険事業(支援)計画、第5期障がい福祉計画の同時に策定されました。
 そして、将来の医療・介護ニーズに備え、診療報酬改定・介護報酬の同時改定は、地域包括ケアシステムの構築に主眼をおいた改定となっており、看護職は地域の二―ズに沿った看護が求められ、あらゆる場で大きな活躍が期待されています。

平成30年度の重点事業は、昨年度の事業も鑑みて6つの項目で取り組んでまいります。
1 .地域包括ケアにおける看護提供体制の構築と地域の看護力強化
2. 看護職の労働環境改善推進の強化
3. 看護の質向上のためのキャリア開発の推進
4. 職能委員会活動の充実と強化
5. 会員拡大に向けた取り組みの強化
6. 継続した公益目的事業の展開

 地域包括ケアシステムの推進には、看護管理者と行政保健師の連携が必要であり、地域ごとの看護管理者のネットワークづくりが必要です。看護管理者等のネットワークづくりにため、「地域の看護力強化事業」も継続しておこない、地域の課題や情報共有などできればと思います。
 また、訪問看護に関する事業では、山形県訪問看護サービス提供体制整備事業「担い手創出等事業」も昨年に引き続き、県から受託しましたので、医療機関においても退院支援・在宅復帰支援機能の強化と訪問看護の人材育成と推進に向けて取り組みたいと思います。
 そして、ワークライフバランスの推進による勤務環境改善、看護の質向上のための研修等取り組んでいきます。
 今年度から、キャリナース、研修受講歴の管理機能がスタートします。会員の皆さまにおかれましては、ぜひ会員のマイページ「キャリナース」にご登録のほどよろしくお願いいたします。
 最後になりましたが、会員の皆さまはじめ関係職種の皆さまのご健康とご健勝をお祈りするとともに、「地域とともに築く看護の提供」を目指して活動を進めていきたいと思っております。
 これからも皆さま方のご支援とご協力を賜りますようによろしくお願い申し上げます。