看護職の皆様へ

基本理念

山形県看護協会 > 協会概要 - 基本理念

 基本理念とは、価値判断の基準であり、組織の方向性を示し、「使命」「活動理念」「基本戦略」から構成される。
「使命」とは、山形県看護協会の目的を示すものであり
「活動理念」とは、使命を達成するための活動方針を示し
「基本戦略」とは、使命を効果的に達成していくための実現手法を示すものである

I.使命

 山形県看護協会は、看護活動を通して、人々の人間としての尊厳を維持し、健康で幸福でありたいという普遍的なニーズに応え、人々の健康な生活の実現に貢献する。そのため、

 ― 教育と研鑚に根ざした専門性に基づき看護の質の向上を図る。
 ― 看護職が生涯を通し安心して働き続けられる環境づくりを推進する。
 ― 人々のニーズに応える看護領域の開発・展開を図る。

【提案説明】

 山形県看護協会は、定款の目的を「会員の自治によって、保健師、助産師、看護師及び准看護師の福祉を図ると共に、職業倫理の向上、看護に関する専門的教育と研鑚及び学術の研究に努め、もって県民の健康と福祉の向上に寄与する」こととした。
 つまり、看護の基本である「人々の人間としての尊厳を維持し、健康で幸福でありたいという普遍的なニーズに応え、人々の健康な生活の実現に貢献する」ために、「教育と研鑚に根ざした専門性に基づき看護の質の向上を図る」必要があり、「職業倫理の向上」や「看護に関する専門的教育及び学術研究」はここに包含される。
 なお、山形県看護協会では、教育とは、継続教育(又は、現任教育)及び生涯教育をさし、継続教育(又は、現任教育)や学会参加を通し、看護の質の向上のために、看護職の自己研鑚と能力開発を図ることにより、県民の健康と福祉の向上に寄与することであると考える。 加えて、基礎教育に関しては、日本看護協会と連携し、必要に応じて、山形県内の看護教育専門学校・看護系大学に対して協力体制をとる。
 また、「看護職の福祉を図る」をより具体的にわかりやすくして、「看護職が生涯を通し安心して働き続けられる環境づくりを推進する」とした。
 山形県看護協会は、看護職が生涯を通じて仕事と生活の調和を図り、自分自身が心身にゆとりを持ってこそ、安全で安心な医療・看護の提供ができると考え、働き続けられる職場環境づくりを推進する。
 さらに、少子・高齢社会における医療の高度・多様化に伴う県民ニーズの多様性など社会の要請に応えられるように、看護職の役割拡大や機能の多様化をはかり、かつ的確に応える看護システムの創出が求められることから、「人々のニーズに応える看護領域の開発・展開を図る」ことが必要である。そして、看護領域の開発・展開を図るためには、看護の未来を考えながら、その夢や希望に向けて看護の創造性を大切にすることが重要と考える。

II.活動理念

― 看護職の力を変革に向け結集する。
― 自律的に行動し協働する。
― 専門性を探求し新たな価値を創造する。

【提案説明】

 「看護職の力を変革に向け結集する」の「結集する」は“まとまる”の意味がある。山形県看護協会としては職能団体として個から集団へ、看護の力を結集するとした。
 また、「自律的に行動し、協働する」とは、看護職能団体としての自治(自治的に行うこと)を図り、多様な団体等とも協力し合いながら活動できる組織づくりを目指していくことを示すものである。
 そして、新たな価値の創造に向けて、常に看護職としての専門性を深く探求し続けるということを示すために「専門性を探求し新たな価値を創造する」とした。
 さらに、社会的に信頼される法人として、すべての法人に共通の運営理念である「法令順守」「内部統制」「責任説明」という理念に即した法人運営を行うこととした。

III.基本戦略

 看護の質の向上、看護職が働き続けられる環境づくり、看護領域の開発・展開の三つの使命に基づく事業領域において、「社会貢献」「自主規制」「支援事業」「開発・経営」「広報」「政策形成」の6つの実現手法を用いて、人々の健康な生活の実現を図るための支援をしていくものである。
 これまで山形県看護協会では、看護の質の向上に向け、日本看護協会の看護倫理規定や看護業務基準等を基に「自主規制を行ない」、継続教育や学会開催等の「支援事業」に力を注いできた。さらに、「人々の健康な生活の実現」に向けて、看護職がさらに力を発揮する状況を作るには、制度改革への提言や政策決定過程への参画等、行政などに対し働きかける「政策形成」の手法を強化する必要がある。
 併せて、業務上の権能の拡大、看護提供システムのモデル事業や訪問看護ステーション等の「開発・経営」といった取り組みも極めて重要である。
 加えて、会員・マスコミ・県民・関係者に看護の価値や課題等の理解を促す「広報」の手段、及び、県民への有益な健康情報の提供や災害支援等の手法を確立し、効果的な事業展開を図る必要がある。

Yamagata⇒Yは“夢”

会員は看護専門職として未来を見つめる夢を持ち、家庭・施設で療養に励む方々に対しても、生きる希望を与えられるように努めます。

Nursing⇒Nは“ナーシング”

会員は地域社会の人々に、安全で安心できる確かな看護の知識・技術・態度を提供できるように努めます。

Association⇒Aは“愛”

会員は人類すべてに優しく、自分の家族に対するような優しい、思いやりと愛のある看護を行い、こころのよりどころになれるよう努めます。

<平成22年11月15日 承認>

▲このページのTOPへ