看護職の皆様へ

教育基本方針

山形県看護協会 > 継続教育 - 教育基本方針

山形県看護協会における教育の基本方針

≪教育理念≫

 看護職には保健・医療・福祉のニーズの変化に対して柔軟に対応できる役割が期待されている。社会環境がいかに変化しようと人の生命の尊厳と権利の尊重を基本とする看護の姿勢は変わらない。専門職業人として看護を必要としている人々に、より質の高い看護サービスを提供するために生涯にわたり自己啓発と能力拡大を図るため一貫した生涯教育を目指す。

≪教育目的≫
  • (1)看護職として常に最善のケアを提供するために必要な知識・技術・態度の向上を支援する。
  • (2)看護専門職として自己の責任において生涯にわたり継続教育に参加する倫理的責任を涵養する。
≪教育目標≫
  • (1)あらゆる場(病院・施設・在宅・他)において質の高い看護を提供できる能力を養う。
  • (2)自己啓発の意識を高め、豊かな感性と人間性を養う。
  • (3)看護専門職として役割発揮ができる能力を養う。
  • (4)チーム医療における看護職の役割を認識し、自律した行動力を養う。
  • (5)看護研究能力を養う。
  • (6)看護職に必要なリーダーシップとマネジメント能力を養う。
≪教育計画作成にあたって≫

平成30年度以降の日本看護協会教育基本方針が出され、見直しのポイントとして以下の3点が示された。

  • (1)看護の将来ビジョンを達成するための活動の一つである「質の高い看護人材を育成する教育・研修・資格・認証制度の構築」を目的とする。
  • (2)各職能における必要な能力の指標と連動した継続教育を提供する。
    指標 「看護師のクリニカルラダー(日本看護協会版)」(外部リンク)
        「助産実践能力習熟段階(クリニカルラダー/CLoCMiP)」
  • (3)本会が提供する継続教育は①「生活」と保健・医療・福祉をつなぐ質の高い看護の普及に向けた継続教育 ②ラダーと連動した継続教育 ③看護管理者が地域包括ケアシステムを推進するための力量形成に向けた継続教育 ④専門能力開発を支援する教育体制の充実に向けた継続教育 ⑤資格認定教育の5側面から構成する。

 平成30年度からは、日本看護協会教育計画基本方針の継続教育の柱に沿って研修を企画立案していく。
 また、これまでの学習段階の表示を廃止し、ラダーと連動した継続教育における研修のみにラダーレベルを表示する。

☆山形県看護協会における教育計画の枠組み
1 「生活」と保健・医療・福祉をつなぐ質の高い看護の普及に向けた継続教育
2 ラダーと連動した継続教育
3 看護管理者が地域包括ケアシステムを推進するための力量形成に向けた継続教育
4 専門能力開発を支援する教育体制の充実に向けた継続教育
5 資格認定教育
≪教育計画のポイント≫
  • (1)「生活」と保健・医療・福祉をつなぐ質の高い看護の普及に向けた継続教育
    • JNAラダーの看護実践能力の4つの力に関連した研修
    • 自己教育・研究能力の研修
    • 診療報酬に関連した研修
  • (2)ラダーと連動した継続教育
    • JNAラダー活用のための研修
    • CLoCMiP申請に対応した研修
  • (3)看護管理者が地域包括ケアシステムを推進するための力量形成に向けた継続教育
    • 看護管理者とこれからの看護管理を担う人々の力量形成のための研修
  • (4)専門能力開発を支援する教育体制の充実に向けた継続教育
    • 施設内の教育充実に向けた研修
  • (5)資格認定教育
    • 認定看護管理者育成のための研修

PDF看護師のクリニカルラダー(日本看護協会版)の活用

PDFラダー別研修一覧 教育計画一覧PDFラダー別研修一覧 看護実践能力分類

▲このページのTOPへ