看護職の皆様へ

目的と事業

山形県看護協会 > 協会概要 - 目的と事業

I.山形県看護協会の目的・事業について ~定款より~

(目的)
第3条
 本会は、公益社団法人日本看護協会(以下「日本看護協会」という。)と連携し、保健師、助産師、看護師及び准看護師(以下「看護職」という。)が、教育と研鑽に根ざした専門性に基づき看護の質の向上を図るとともに医療の担い手である看護職が生涯を通して安心して働き続けられる環境づくりを推進し、併せて人々のニーズに応える看護領域の開発・展開を図ることにより、県民の健康な生活の実現とともに、地域医療の推進に寄与することを目的とする。
(事業)
第4条
 本会は、前条の目的を達成するための、次の内容からなる事業を行う。
  • (1) 教育等看護の質の向上に関する事業
  • (2) 看護研究学会の開催等、学術研究の振興に関する事業
  • (3) 看護業務・看護制度の改善等に関する事業
  • (4) 看護職を取り巻く環境の改善及び福祉の向上による県民の健康及び福祉の増進に関する事業
  • (5) 在宅看護の推進等の取り組みを通して公衆衛生の向上を図る事業
  • (6) 施設の貸与に関する事業
  • (7) その他、本会の目的を達成するために必要な事業

PDF公益社団法人山形県看護協会 定款細則

II.平成29年度山形県看護協会重点事業

 将来の少子超高齢化社会の人口・疾病構造を見据えた社会保障制度改革は進んでいる。今、医療提供体制は「病院完結型」から「地域完結型」へ大きくシフトしようとしている。住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの構築も進められている。看護職も病院だけでなく地域のさまざまな場で役割を発揮することが求められている。2025年に向けて日本看護協会は2015年6月に「看護の将来ビジョン」を公表し、それを実現することを看護政策として掲げている。山形県看護協会は、日本看護協会と連携して重点事業を掲げ事業展開をしている。
 平成28年度は、「看護職の労働環境改善推進の強化」として、日本看護協会の「医療勤務環境改善支援センター(以下支援センターという)と連携したWLB推進モデル事業」に取り組んだ。モデル事業には、県内より中小規模三病院の参加があり、看護職だけでなく医療職全体の勤務環境改善に取り組んだ。また、地域における勤務環境改善を推進するため、支援センターと労働局との連携を強化し、支援体制を整えて、最上地区でワークショップを開催した。この取組みが、今後も医療従事者の働き続けられる環境づくりに活かせるよう推進する必要がある。
 「地域包括ケアシステムの推進」では、日本看護協会の「都道府県看護協会 地区支部等における高齢者および認知症者支援のための看護職連携構築モデル事業」に取り組み、庄内地域で「看護管理者のネットワーク会議」の設立を支援し、会議や研修等の事業を実施した。他の支部・地区においても、看護がつなぐ地域包括ケアの推進を図っていくことが課題である。
 また在宅・施設等における看護人材の確保・育成のため日本看護協会の「訪問看護における人材活用試行事業」に取り組んだ。病院の看護師が訪問看護ステーションに3か月在籍出向して、訪問看護に従事する仕組みづくりであり、今後、訪問看護の人材確保・育成と、医療機関と訪問看護ステーションの連携強化に繋がることを期待している。  加えて平成28年10月から「新会員情報管理体制(ナースシップ)」開始に伴う作業を行い、新会員証、継続手続き、施設用WEBの利用等について施設代表者及び会員へ周知・説明を徹底し、スムーズに移行できるよう取り組んだ。  山形県では、平成28年9月に地域医療構想(ビジョン)が策定となり、二次医療圏ごとに地域医療構想調整会議等により、病床の機能分化・連携、在宅医療・介護の推進、医師・看護師等の医療従事者等の確保・勤務環境の改善、地域包括ケアシステム等が推進されることになった。  平成29年度の重点事業は、看護を取り巻く今日の状況に鑑み、以下のとおりとする。

  • 地域包括ケアシステムの推進と地域の看護力強化
  • 看護職の労働環境改善推進の強化
  • 少子超高齢社会に対応する人材育成
  • 職能委員会活動の充実と強化
  • 会員拡大に向けた取り組みの強化
  • 継続した公益目的事業の展開

1.地域包括ケアシステムの推進と地域の看護力強化

  • 1)地域包括ケアにおける看護職の役割強化・看護提供体制の構築
    • (1)地域の看護職連携の強化とネットワークの構築
      • 新たな事業「地域の看護力強化支援事業」の推進
      • 県内病院看護管理者懇談会の開催
      • 地区支部における「地域医療構想」研修会の開催
    • (2)訪問看護における人材活用試行事業の拡大
    • (3)子ども世代包括ケアシステムの推進
      • 新看護職間のネットワーク形成や支援のスキル向上
      • 山形支部における「まちの保健室」の開催(やまがたべにっこひろば・天童げんキッズ)の継続
    • (4)地域包括ケア・在宅ケアの推進を図るための研修会の充実
  • 2)長期療養者を支える訪問看護等の充実と強化
    • (1)山形県看護協会訪問看護ステーション・居宅介護支援事業所の事業強化
      • 機能強化型訪問看護ステーションとしての役割発揮
      • 訪問看護ステーション事業・居宅介護支援事業の安定的運営
      • ICTを活用した看護師間の連携強化・効率的な情報共有
    • (2)訪問看護の啓発及び質の向上のための支援
    • (3)訪問看護ステーション新庄のサテライト設置
      • 訪問看護相談の実施
      • 訪問看護ステーション管理者研修会の開催
      • 訪問看護の理解・周知活動の実施
    • (4)山形県訪問看護ステーション連絡協議会との連携の強化

2.看護職の労働環境改善推進の強化

  • 1)勤務環境改善推進の取り組み
    • (1)ワークショップ開催による地域での勤務環境改善の推進
    • (2)医療・介護・福祉・在宅領域の勤務環境改善への働きかけ強化
    • (3)医療勤務環境改善支援センター・労働局との連携強化
  • 2)ナースセンター事業運営の強化
    • (1)ナースセンター登録システム(第5次NCCS)の求人求職登録の推進
    • (2)復職希望者へのサポートの強化
    • (3)届出制(「とどけるん」)の周知・普及活動の推進
    • (4)地域相談員によるナースセンターの利用促進の強化
    • (5)ハローワークとの連携強化
    • (6)相談員のスキルアップ
  • 3)看護職の健康を守るための受動喫煙防止推進活動
    • (1)「受動喫煙防止宣言」の普及・推進
    • (2)「看護職とたばこ実態調査」の実施と活用
    • (3)禁煙推進研修の開催

3.少子超高齢社会に対応する人材育成

  • 1)ジェネラリストの看護実践能力開発の推進
    • (1)高齢者看護の研修の充実
    • (2)専門領域研修の充実・強化
    • (3)クリニカルラダーシステムの普及
    • (4)小規模施設で働く看護職の研修の充実
  • 2)看護管理者・教育担当者・指導者への研修の充実
    • (1)認定看護管理者教育課程ファーストレベル及びセカンドレベルの開講
    • (2)災害対策看護管理者研修の充実
    • (3)山形県看護実習指導者講習会及び保健師助産師看護師実習指導者講習
      (特定分野)の開講
    • (4)医療安全管理者養成研修の開講
  • 3)地域包括ケア推進のための研修の充実
    • (1)地域包括ケアにおける看護提供体制構築の研修開催
    • (2)在宅療養支援のための研修開催
    • (3)eラーニングを活用した訪問看護師養成講習会の開催
    • (4)訪問看護ステーション管理者研修の強化
  • 4)学術研究推進
    • (1)山形県看護研究学会の開催
    • (2)山形県公衆衛生学会の開催
  • 5)准看護師への学習支援
    • (1)進学のための情報とニーズに沿った学習の提供
  • 6)看護に関わる最新情報の発信
    • (1)診療報酬改定や新たな制度に関わる研修の開催

4.地域包括ケアシステムの推進と地域の看護力強化

※日本看護協会の職能委員会と連動した活動の推進

  • 1)保健師職能委員会
    • 山形県における保健師活動指針の推進
    • 地域包括ケアシステムにおける保健師の役割発揮
    • 保健師の力量形成の為の現任教育の充実及びキャリアラダーの普及
    • 包括的母子保健推進における看護職の連携と強化
  • 2)助産師職能委員会
    • 助産実践能力習熟段階(クリニカルラダー)の普及・推進
    • 県内助産師のネットワーク作りと連携強化
    • 包括的母子保健推進における助産師の役割発揮
    • 助産師出向支援導入事業の推進
  • 3)看護師職能委員会1
    • 日本看護協会の看護師のクリニカルラダー運用に関する周知活動
    • 病院看護師の在宅療養支援力の強化
    • 看護師長の役割発揮に関する検討
    • 勤務環境改善の推進
  • 4)看護師職能委員会Ⅱ
    • 高齢者ケア施設で働く中堅看護師のマネジメント力育成を図る
    • 地域包括ケアの推進における多職種連携の強化
    • 領域の看護職の入会促進とネットワーク強化
    • 高齢者施設団体と連携した研修の開催

5.会員拡大に向けた取り組みの強化

  • 1)会員拡大推進委員会活動強化
    • (1)地域加入者の少ない病院・施設に対する入会促進活動の強化
    • (2)看護学生に対する協会活動のPRと入会の働きかけ
    • (3)入会状況の確認とその後の看護管理者への入会促進の働きかけ
  • 2)山形県看護協会活動の広報の充実
    • (1)広報紙「山形いぶき」の定期配布先の拡大
    • (2)会館来館者に対し、また、会議時、施設訪問時に協会事業をPR
  • 3)非会員への積極的な働きかけ
    • (1)介護事業所で働く看護職に対しての協会活動等の情報提供
    • (2)研修会受講料等の入会によるメリットのPR
    • (3)入会手続きのスムーズな誘導(ホームページの充実)

6.継続した公益目的事業の展開

  • 1)公益目的事業の充実
    • (1)本会の「まちの保健室」推進委員会の体制の見直しと活動の強化
    • (2)支部の「まちの保健室」の常設化の推進
    • (3)「まちの保健室」ボランティア育成と積極的な活用
    • (4)「いのちの教育」実施体制の強化
    • (5)災害支援ナース登録者の増員
    • (6)他団体と協働した災害支援ナースの訓練の強化
    • (7)会館・研修センター、訪問看護会館の積極的活用
  • 2)東日本大震災避難者支援の継続