看護職の皆様へ

医療職のWLB推進ワークショップ事業

山形県看護協会 > 各種事業 - 医療職のWLB推進ワークショップ事業

山形県看護協会は、平成25年度より日本看護協会と協働し「働き続けられる職場づくり」を目指し、ワーク・ライフ・バランス推進ワークショップ事業に取組んでおります。平成29年度は、県内病院より4施設が継続して取り組んでおり標記ワークショップを開催することになりました。

 山形県医療職のワーク・ライフ・バランス(WLB)推進会議設置要綱

1.設置目的

 この会議は、山形県内の看護職の「働き続けられる職場づくり」を推進し、看護師確保・定着を促進するため、山形県医療勤務環境改善支援センターと連携して看護職のワーク・ライフ・バランス(以下WLBという)実現の取り組みを強化し、併せて、他の医療職の勤務環境改善につながるよう、取り組み事業が円滑かつ効果的に実施できることを目的として設置する。

2.構成員

本会議の構成員は、次に掲げる者とし、15名以内とする。

  • (1)担当役員等(会長、常任理事、訪問看護総括理事、事務局長)
  • (2)山形県医療勤務環境改善支援センター担当者1名
  • (3)山形労働局雇用環境・均等室 指導官
  • (4)WLB地域推進者(ナースセンター担当者2名と事業課長)3名
  • (5)勤務環境改善推進委員長
  • (6)看護師職能Ⅰ委員長
  • (7)その他
3.協議事項

本会議は、以下の事項について協議、検討を行う。

  • (1)日本看護協会「医療勤務環境改善支援センターと連携したWLB推進モデル事業」の企画・運営について
  • (2)看護職の」WLB推進ワークショップの企画・運営について
  • (3)WLB推進の地域への拡大について
  • (4)ワークショップに関する広報について
  • (5)日本看護協会との連携について
  • (6)その他、本会議で協議が必要な事項
4.会議の運営
  • (1)会議は、会長が招集し開催する。
  • (2)会議の議長は会長が担い、書記はナースセンター担当者が行う。
5.秘密保持義務

本会議の構成員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。

6.庶務

本会議の庶務は、ナースセンターにおいて処理する。

7.付則

この要綱は、平成28年7月1日より施行する。

平成29年度医療職のWLB推進ワークショップ 参加施設募集のご案内

山形県看護協会は、平成25年度より、看護職の「働き続けられる職場づくり」を目指し、ワーク・ライフ・バランス推進ワークショップ事業に取り組んでおります。平成29年も継続して実施することにより、あらたに参加施設を募集いたします。

PDF実施要領(別紙1)
PDFFAX応募用紙(別紙2)
   終了しました

平成29年度看護職のWLB推進ワークショップ
クリックでPDFのチラシが開きます

平成29年度医療職のWLB推進ワークショップ開催のご案内

ワークショップでは、これまでの取り組みの報告、参加4施設の成果発表、情報の共有、意見交換を行います。
講演及びワークショップの参加者を募集しています。
勤務環境改善に興味のある方、働き方改革に興味のある方どなたでも参加できます。
みなさまの参加をお待ちしています。

PDF「医療職のワーク・ライフ・バランス推進ワークショップ」講演・見学申込書
   終了しました

医療職のワーク・ライフ・バランス推進ワークショップ
クリックでPDFのチラシが開きます

医療職のワーク・ライフ・バランス推進フォローアップワークショップ開催のご案内

医療職の「働き続けられる職場づくり」を目指したワーク・ライフ・バランス推進ワークショップ事業に取り組んでおります。勤務環境改善の推進を願い、現状分析をし、改善策を検討します。
フォローアップワークショップではこれまでの取り組みの報告、情報の共有、意見交換を行います。
公開講座受講者及びワークショップ見学者を募集しています。
勤務環境改善に興味のある方どなたでも参加できます。
是非、参加をお待ちしています。

PDF「医療職のワーク・ライフ・バランス推進フォローアップワークショップ」公開講座・見学申込書
   終了しました

医療職のワーク・ライフ・バランス推進フォローアップワークショップ
クリックでPDFのチラシが開きます

▲このページのTOPへ