看護職の皆様へ

医療職のWLB推進ワークショップ事業

山形県看護協会 > 各種事業 - 医療職のWLB推進ワークショップ事業

山形県看護協会は、平成25年度より日本看護協会と協働し「働き続けられる職場づくり」を目指し、ワーク・ライフ・バランス推進ワークショップ事業に取り組んでおります。
令和元年度は新たに2施設が参加し、取り組んでおり、標記ワークショップを開催することになりました。

 山形県医療職のワーク・ライフ・バランス(WLB)推進会議設置要綱

1.設置目的

 この会議は、山形県内の医療機関に勤務する全職員(医師、看護職、そのほか医療職および事務職)の「働き続けられる職場づくり」を推進し、医療従事者の確保・定着を促進する。また、山形県医療勤務環境改善支援センターと連携して医療職のワーク・ライフ・バランス(以下WLBという)を推進し、医療機関の取り組みに対する支援の充実を図り、医療職の勤務環境改善が、効果的に実施できることを目的として設置する。

2.構成員

本会議の構成員は、次に掲げる者とし、15名以内とする。

  • (1)山形県看護協会役員等(会長、常任理事、事務局長)
  • (2)山形県医療勤務環境改善支援センター担当者1名
  • (3)山形労働局雇用環境・均等室 指導官
  • (4)WLB推進者(ナースセンター課長、他ナースセンター職員と事業課長)
  • (5)勤務環境改善推進委員長
  • (6)看護師職能Ⅰ委員長
  • (7)その他
3.協議事項

本会議は、以下の事項について協議、検討を行う。

  • (1)WLB推進事業の実施について
  • (2)医療職のWLB推進ワークショップの企画・運営について
  • (3)WLB推進の地域への拡大について
  • (4)ワークショップに関する広報について
  • (5)日本看護協会との連携について
  • (6)その他、本会議で協議が必要な事項
4.会議の運営
  • (1)会議は、会長が招集し開催する。
  • (2)会議の議長は会長が担い、書記はナースセンター担当者が行う。
5.秘密保持義務

本会議の構成員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。

6.庶務

本会議の庶務は、ナースセンターにおいて処理する。

7.付則
  • 1)この要綱は、平成28年7月1日より施行する。
  • 2)この要綱は、平成29年9月15日の医療職のWLB推進会議にて承認を得、同年9月15日より運用する。
  • 3)この要綱は、平成30年7月10日の医療職のWLB推進会議にて承認を得、同年7月10日より運用する。
  • 4)この要綱は、令和元年7月30日の医療職のWLB推進会議にて承認を得、同年7月30日より運用する。

令和元年度 医療職のWLB推進ワークショップ事業
「医療職のWLB推進ワークショップ」開催のご案内

終了しました

 山形県看護協会は、平成25年度より日本看護協会と協働し「働き続けられる職場づくり」を目指しワーク・ライフ・バランス推進ワークショップ事業に取り組んでおります。勤務環境改善の推進を願い、現状分析をし、改善策を検討します。
 今年度は新たに2施設が参加し、取り組んでおります。ワークショップではこれまでの取り組みの報告、参加施設の情報共有、意見交換を行います。
 また、公開講座「WLBの基本的な考え方からアクションプランの立案まで」と題し、講演を行います。
 勤務環境改善に興味のある方、働き方改革に興味のある方どなたでもご参加いただけます。
 ぜひこの機会にご参加いただけますよう、ご案内いたします。

【日時】令和元年10月15日(火)10:00~16:30
                16日(水)10:00~16:00
【会場】山形県看護協会会館 3階 第1研修室
                (2日間、同会場になります)
【お申込み】申し込み用紙に記入の上FAXまたはTEL
【お問い合わせ先】公益社団法人山形県看護協会
            TEL:023-685-8033 FAX:023-643-5727

令和元年度 医療職のWLB推進ワークショップ事業「医療職のWLB推進ワークショップ」開催のご案内
クリックでPDFのチラシが開きます

PDF令和元年度 医療職のWLB推進ワークショップ開催要綱

PDF令和元年度 医療職のWLB推進ワークショッププログラム

ZIP令和元年度 医療職のWLB推進ワークショップ参加申込書

▲このページのTOPへ