看護職の皆様へ

医療職のWLB推進ワークショップ事業

山形県看護協会 > 各種事業 - 医療職のWLB推進ワークショップ事業

山形県看護協会は、平成25年度より日本看護協会と協働し「働き続けられる職場づくり」を目指し、ワーク・ライフ・バランス推進ワークショップ事業に取り組んでおります。
平成30年度は新たに1施設が参加し、県内病院より4施設が取り組んでおり、標記ワークショップを開催することになりました。

 山形県医療職のワーク・ライフ・バランス(WLB)推進会議設置要綱

1.設置目的

 この会議は、山形県内の医療機関に勤務する全職員(医師、看護職、そのほか医療職および事務職)の「働き続けられる職場づくり」を推進し、医療従事者の確保・定着を促進する。また、山形県医療勤務環境改善支援センターと連携して医療職のワーク・ライフ・バランス(以下WLBという)を推進し、医療機関の取り組みに対する支援の充実を図り、医療職の勤務環境改善が、効果的に実施できることを目的として設置する。

2.構成員

本会議の構成員は、次に掲げる者とし、15名以内とする。

  • (1)山形県看護協会役員等(会長、常任理事、事務局長)
  • (2)山形県医療勤務環境改善支援センター担当者1名
  • (3)山形労働局雇用環境・均等室 指導官
  • (4)WLB地域推進者(ナースセンター担当者2名と事業課長)3名
  • (5)勤務環境改善推進委員長
  • (6)看護師職能Ⅰ委員長
  • (7)その他
3.協議事項

本会議は、以下の事項について協議、検討を行う。

  • (1)WLB推進事業の実施について
  • (2)医療職のWLB推進ワークショップの企画・運営について
  • (3)WLB推進の地域への拡大について
  • (4)ワークショップに関する広報について
  • (5)日本看護協会との連携について
  • (6)その他、本会議で協議が必要な事項
4.会議の運営
  • (1)会議は、会長が招集し開催する。
  • (2)会議の議長は会長が担い、書記はナースセンター担当者が行う。
5.秘密保持義務

本会議の構成員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。

6.庶務

本会議の庶務は、ナースセンターにおいて処理する。

7.付則
  • 1)この要綱は、平成28年7月1日より施行する。
  • 2)この要綱は、平成29年9月15日の山形県医療職のWLB推進会議にて承認を得、同年9月15日より運用する。
  • 3)この要綱は、平成30年7月10日の山形県医療職のWLB推進会議にて承認を得、同年7月10日より運用する。

平成30年度 医療職のワーク・ライフ・バランス推進ワークショップ
「フォローアップワークショップ」開催のご案内

 このたび、下記開催要綱により、平成30年度医療職のワーク・ライフ・バランス推進フォローアップワークショップを開催いたします。
 今年度の参加4施設の取組み成果発表のほか、同時開催の特別企画「ヘルシーワークプレイス~看護職の働き方改革に向けて~」と題し、講演を行います。2019年4月から施行される「働き方改革関連法案」の主なポイントについての説明もいたします。
 勤務環境改善に興味のある方、働き方改革に興味のある方どなたでもご参加いただけます。
 ぜひこの機会にご参加いただけますよう、ご案内いたします。

【日時】平成31年2月19日(火)10:00~15:30
【会場】山形県看護協会会館 3階 第1研修室
【お申込み】申込用紙に記入のうえ、FAXまたはTEL
【お問い合わせ】公益社団法人山形県看護協会 023-685-8033

平成30年度 医療職のワーク・ライフ・バランス推進ワークショップ「フォローアップワークショップ」開催のご案内
クリックでPDFのチラシが開きます

PDF平成30年度医療職のワーク・ライフ・バランス推進フォローアップワークショップ開催要綱

PDF平成30年度医療職のワーク・ライフ・バランス推進フォローアップワークショッププログラム

ZIP平成30年度医療職のワーク・ライフ・バランス推進フォローアップワークショップ参加申込書
   申込締切:平成31年2月8日(金)

平成30年度 医療職のWLB推進ワークショップ終了しました!

平成31年2月19日(火)、フォローアップワークショップを開催しました。
日本看護協会労働政策部看護労働課の小村由香先生を講師に迎え、「ヘルシーワークプレイス~看護職の働き方改革に向けて~」と題し、2019年4月から施行される「働き方改革関連法案」の主なポイントについてご講義いただきました。

小村先生は、日本看護協会が目指すべき職場として提案している「ヘルシーワークプレイス(健康で安全な職場)」は、「看護職が働き続けられる環境」を目指して、危険な状態を防ぐことだけではなく、一人ひとりが健康で安全に自分らしく働きながら自己実現すること、また社会への貢献を目指す職場であることとお話しておりました。

また、医療職のWLBに取り組んだ4施設の成果発表も行いました。その後、今年取り組み3年目を迎えた3施設の努力と成果を顕彰し、山形県看護協会長より、表彰状とマスコットキャラクター「カンゴサウルス」のぬいぐるみが贈られました。

町立真室川病院 最上町立最上病院
寒河江市立病院

▲このページのTOPへ