イベント案内

山形県看護協会  >  イベント案内  >  「看護の日」・「看護週間」事業

「看護の日」・「看護週間」事業

看護の日について

~5月12日は「看護の日」です~

 21世紀の高齢化社会を支えていくためには、看護の心、ケアの心、助け合いの心を、私たち一人ひとりが分かち合うことが必要です。こうした心を、老若男女を問わず誰もが育むきっかけとなるよう、旧厚生省により、「看護の日」が1990年に制定されました。
 近代看護を築いたフローレンス・ナイチンゲールの誕生日にちなみ、5月12日が「看護の日」です。5月12日を含む土曜日から日曜日までを「看護週間」とし、全国各地で様々なイベントが開催されています。全国統一メインテーマは「5月12日は看護の日 看護の心をみんなの心に」です。
 少子高齢化が進む中で、医療や看護の提供体制を維持するには、2030年には18歳人口の18人に1人に看護の仕事を選択してもらう必要があるといわれています。そこで「看護の日」は、若者層へ向けて、プロフェッショナルとしての看護職の魅力を発信していきます。

2022年度「健康まつり」の実施の予定はありません。

日本看護協会「看護の日」イベント「かんごちゃんねる」

開催日時

2022年5月8日(日)14:00 ~ 16:00

将来に向け様々な選択肢をもつ若年層を中心に、現役看護職員(保健師、助産師)が地域や医療現場において活躍している姿を知っていただくため、また、より幅広い世代の方々に看護の魅力を知っていただくため、“いのち、暮らしを、まもる人。”をコンセプトとし、トークイベントを開催します。
イベントの様子は、YouTube Live でオンライン配信も行います。参加は無料ですので、多数ご参加ください。

日看協チラシ

山形県看護協会「看護の日フェア2022 ~伝えよう 看護の魅力 つなげよう 看護の心~

2021年度より、日本看護協会では、「看護の日・看護週間」を中心に、未来を担う若者世代に看護の仕事やプロフェッショナルとしての看護の魅力を発信するため、「看護の日」のロゴマークなどをデザインしたPRバスを全国で運行しています。2022年度は、山形県でPRバス企画を実施することとなり、様々な企画を準備しています。
各種プレゼントもご用意し、たくさんの皆様のご参加をお待ちしております。

開催日時

令和4年5月13日(金)14:00 ~ 17:00

場所

やまぎん県民ホールイベント広場
山形市双葉町1丁目2-38(山形駅西口)

イベント内容

  • オープニングセレモニー 山形学院高等学校ハンドベル部の皆さんの演奏
  • PRバスの展示
  • DMATカーの展示 DMATナースの紹介
  • 先輩ナースからのメッセージの紹介
  • 進路相談
  • 山形県・看護師確保等サポートプログラムの紹介
  • 看護の道を志す皆さんへの応援メッセージ記入コーナー
  • 赤ちゃん人形とのふれあい体験
  • 「まちの保健室」での健康相談

「山形県看護協会看護の日フェア2022」チラシ

PAGE TOP