各種事業

山形県看護協会  >  各種事業  >  看護の業務改善 in 山形

看護の業務改善 in 山形

平成25年度より、日本看護協会と協働し「働き続けられる職場づくり」を目指し、ワーク・ライフ・バランス推進ワークショップ事業に取り組んできました。昨年度、最後の取り組み施設が3年目を迎えたのを機にワークショップ事業を終了し、日本看護協会で取り組んでいる「看護業務の効率化先進事例アワード」を「看護の業務改善 in 山形」とし、山形県においても開催します。

「看護業務の効率化先進事例アワード」とは
看護業務の効率化において優れた効果・成果を上げている事例や、それにより医療・看護ケアサービスの充実を実現した事例を募集・周知し、看護業務の効率化に向けた取り組みを推進することで、看護職がより専門性を発揮できる働き方の推進や生産性の向上、看護サービスの質の向上を図ることを目的としております。
日本看護協会ホームページ「看護業務の効率化先進事例アワード」
https://www.nurse.or.jp/nursing/shuroanzen/work_efficiency/award/index.html

取り組み事例の募集について

目的

各施設で取り組んでいる業務改善や、看護の質向上・働きやすい職場づくりへの取り組み等の事例等を募集し共有・活用することで、県内の職場環境改善の推進を目指す

主催

公益社団法人山形県看護協会 勤務環境改善推進委員会

開催期日

令和4年12月3日(土) 13:00~16:00
Zoom(Web会議システム)によるオンライン開催

募集対象

看護職が勤務している病院・訪問看護ステーション・介護保険施設等

募集単位

施設もしくは部署(病棟)単位による応募が可能

募集内容

業務改善等の取り組み(取り組み途中の事例も可)

応募方法
  • 1)提出物並びに提出期間
    • (1)応募申込書(様式1) 提出期間:令和4年7月1日(金)~ 8月31日(水)

      ※(様式1)は山形県看護協会ホームページからダウンロードができます。

    • (2)PowerPoint原稿 提出期間:令和4年8月1日(月)~ 9月30日(金)
      ①施設概要 ②取り組みの背景と目的 ③取り組みの内容 ④取り組みの成果・効果 ⑤今後の展望
      スライド枚数10枚程度

      ※スライドサイズは「ワイド画面設定」にせず、「3:4」で作成してください。

      ※ご提出いただいた資料へのお問い合わせや追加資料のご提出をお願いする場合もございますので、あらかじめご了承ください。

  • 2)応募先:電子メールに添付のうえ、下記へお送りください。
    E-mail : jigyou@nurse-yamagata.or.jp
選考方法

当協会長、山形県医療勤務環境改善支援センター、山形県社会保険労務士会、日本医業経営コンサルタント協会、勤務環境改善推進委員長による審査を行います。

その他

応募された事例は、令和4年12月3日(土)の「看護の業務改善in山形」の事例報告会で発表していただきます。併せて、受賞された施設の表彰式を行い、受賞施設に表彰状と記念品を授与します。

チラシ

PAGE TOP