各種事業

山形県看護協会  >  各種事業  >  看護の業務改善 in 山形

看護の業務改善 in 山形

平成25年度より、日本看護協会と協働し「働き続けられる職場づくり」を目指し、ワーク・ライフ・バランス推進ワークショップ事業に取り組んできました。昨年度、最後の取り組み施設が3年目を迎えたのを機にワークショップ事業を終了し、日本看護協会で取り組んでいる「看護業務の効率化先進事例アワード」を「看護の業務改善 in 山形」とし、山形県においても開催します。

「看護業務の効率化先進事例アワード」とは
看護業務の効率化において優れた効果・成果を上げている事例や、それにより医療・看護ケアサービスの充実を実現した事例を募集・周知し、看護業務の効率化に向けた取り組みを推進することで、看護職がより専門性を発揮できる働き方の推進や生産性の向上、看護サービスの質の向上を図ることを目的としております。
日本看護協会ホームページ「看護業務の効率化先進事例アワード」
https://www.nurse.or.jp/nursing/shuroanzen/work_efficiency/award/index.html

参加者募集について

1.目的

各施設で取り組んでいる業務改善や、看護の質向上・働きやすい職場づくりへの取り組み等の事例等を募集し共有・活用することで、県内の職場環境改善の推進を目指す

2.主催

公益社団法人山形県看護協会 勤務環境改善推進委員会

3.開催期日

令和4年12月3日(土) 13:00~16:00
Zoom(Web会議システム)によるオンライン開催

4.募集対象

看護職が勤務している病院・訪問看護ステーション・介護保険施設等

5.参加料

無料

6.内容
  • 1)応募事例の発表・質疑応答
    【業務改善部門】
    ☆地域包括ケア病棟における受け持ち看護師の役割意識の変化
     -転入後1週間の電話面談を導入して-
      米沢市立病院 藤倉 恭子
    【タスクシフト・多職種連携部門】
    ☆臨床工学士との協働による内視鏡看護の充実
      米沢市立病院 船山 ヒロ子
    ☆夜間看護補助者導入による看護師業務の軽減に向けた取り組み
      寒河江市立病院 尾形 和美
    ☆事務部門へのタスク・シフト/シェア
     ~多職種連携のベースとなる「朝の会」の取り組み~
      順仁堂遊佐病院 信夫 松子
    【その他部門】
    ☆施設間の連携におけるマンパワーの確保
      最上町立最上病院 岡野 恵美子
  • 2)表彰式
  • 3)2022年度の看護職員の勤務環境に関する調査結果報告 等
7.申込方法

締め切り:令和4年11月30日(水)
申し込み後、メールでZoomのID・パスコードをお送りいたします。

チラシ
様式1

PAGE TOP